足立区・葛飾区・草加市で痩身・ダイエット・外反母趾・足痩せなら、親愛整骨院 併設「トータルボディケア リアライズ」へ。

平日

9時~12時/15時~21時

土曜

9時~15時

※定休日:日曜・祭日

美容と健康コラム

こちらでは、美容と健康に関する豆知識やお得情報をご案内いたします。

森下敬一医学博士 『食べもの健康法』

 

●くるみ

 

現代人が健康管理を行う際に、考慮しなければならない

重要事項の一つは、抗公害性を高めること。

そのために大いに活用したいのは松の実、くるみ、栗、

カシューナッツ、ピスターチオ、アカダミアナッツなど

のいわゆる「ナッツ」類だ。

 

これらはいずれも基礎体力を増強するとともに、細胞の

防水性を高めることによって、抗公害性をうんと高めて

くれるのである。

ここでは入手しやすいくるみを取り上げるが薬効は他の

ナッツ類も大同小異だから、いろいろな味を楽しみなが

ら公害に強くなろう。

 

さて、基礎体力を増強するのは、くるみに粗蛋白、ビタ

ミンB1が豊富に含まれているため。

粗蛋白は、肉、卵、牛乳の動物蛋白と異なって体蛋白の

自家生合成にスムーズに組み込まれるから内臓や筋肉を

丈夫にして、その働きを強めスタミナをつける。

B1は代謝を高め、疲れを早く直す。

 

昔に比べて運動量は激減しているのに現代人がやたらに

疲れやすくなっているのは、精神的ストレスに加えて、

白米・白パン主食によって引き起こされる深刻なB1不

足のため。疲れが蓄積すると、体の抵抗性は低下する。

 

細胞の防水性が高められると、細胞にとっての、不要な

水分ははじき飛ばされるから、公害物質も細胞を侵しに

くくなる。

我々の体内ではすべての物質は水に溶かされた形で動き、

そして代謝されている。

 

余計な水分が細胞内に入り込めば、それだけ不要な物質

も浸入して、細胞活動は混乱させられてしまう。

その典型的な例は肥満だ。

それで肥満体はスタミナがなく、いろいろな病気にかか

りやすい。公害にも弱くなっているはず。過食をやめて

くるみを常食することは非常に有効な肥満防止法である。

 

胡桃が、細胞の防水性を高めるのは、リノール酸などの

不飽和脂肪酸を豊富に含むため。このリノール酸は、

余分なコレステロールを洗い流す働きもあるから、くる

みは動脈硬化、高血圧、腎臓病の予防に役立つ。

 

また、クルミにはビタミンEも多い。

Eは体組織での酸素の利用をよくする働きをする。

代謝が鈍って老廃物が停滞すると組織は酸欠状態となる。

だが、そこにEが作用すると組織の活動は活発になり、

本来の機能がよみがえる。

髪の毛が薄くなってきたとき、白くなりかかったときに

くるみを食べると黒く艶のよい毛になってくるのもその

ため。

 

髪だけでなく、くるみは著しい健康効果を表す。

脳は、体のどの組織よりも大量の酸素を必要とする器官

なのだ。Eは血液循環をよくする作用もあって、息切れ

を治し心臓の負担を軽くする。

さらに不飽和脂肪酸は、便通を整え、腸の過敏性をなく

して、自律神経を安定化させる。

 

 

森下敬一医学博士 『食べもの健康法』

 

●なす

 

?一富士、二鷹、三なすび?とは、吉兆を意味する夢占い

だが、数ある食品群の中ら、あえてなすびを選びとった

とは、この語録の作成者は、よほどのなす愛好家だった

のであろう。

 

確かに我々のまわりにも、なすに目がない人は少なから

ずいる。それも無理からぬ話である。

まさしく”日本の味””おふくろの味”を代表する料理

である焼きナス、しぎ焼きなどがあるのだから。

そして、てんぷらや汁の実、漬物など、どれも美味しい。

 

お隣の中国人のなす好きは、日本人以上のようだ。

美味にして、餅肌のようになめらかで、濡れたカラスの

羽のように輝く美しさは、他に比べるものとてない・・

という讃辞が、なすに対して贈られているという。

 

なすの薬効をズバリ一言でいうと血の気の多い人の心身

を沈静化させることである。体を冷やす作用が著しい。

肉食過多のために頑固な便秘症になり、血液中に老廃物

がどっさり入って血圧が高くなっている人、毛細血管に

動脈硬化が起こって、破裂しやすくなっている人、また

実際に破裂して喀血や吐血をおこしている人には、なす

の常食は卓効をあらわす。

 

その清涼食としての特性にナスに含まれていつ微量有効

成分が加勢しているのだ。つまり、毛細血管を強化する

ビタミンPやC、代謝を促進するビタミンB1、B2、

血液正常を健全にするカルシウムなのだ。

 

肉食の中国人がなすをめでるのも、生理的要求がその根

源になっている、とみてよかろう。

同様に、雑穀や野性味の強い植物、それにときに野生の

鳥や獣を食べていた昔の日本人が、なすを珍重したのも、

まったく合理的なことであった。

 

病気といえば、高熱を発し、七転八倒するような痛みが

起こる急性熱性病を起こすのが常だった陽性体質の先輩

たち。そんな彼らには、体質を陰性化することのよって、

健全な中庸体質に調整してくれるなすは、何より貴重な

薬効食品だったのだ。

 

だから、これまで人一倍肉食を多くしてきた人で、のぼ

せ症や高血圧症の人は、積極的になすを取るとよい。

 

なすがインド原産の夏野菜であることは、暑い季節に体

の過熱を防ぎ、涼しく快適にすごすのに役立つわけで、

まったく天の配剤とはこのことだ。

なお、食品の色も、食品の基本的性格をあらわしていて、

紫色といのは、一番陰性で、冷却作用の強いものである。

 

このような大自然の原理を素直に受け止めて身を処して

いくのが、健康長寿のキメ手となるのである。

ビタミンPが含まれているから老年病に最適・・・・・

などと、食品分析学的な単純な考え方をしてはだめだ。

 

体質が陰性化している人が、冬に、温室栽培のナスを食

べる、などというのは自殺行為の何ものでもない。

 

幸い、なすは植物油と大変に相性のよい食べものである。

よく炒めるか、焼くかしてから、じっくり煮込み、味噌、

諸油で味を調えると、ずいぶんと陽性化される。

 

しかも、なすの組織はスポンジ状になっていて、加熱し

ながら油を作用させると、よく吸収される。

そんな状態の油は、消化管内では徐々に外に出て行って

消化される。それゆえ、脂っこくなく、おなかの弱い人

でも、効果的に脂肪酸(リノール酸)の補給ができる。

 

なお、焼きなすは、皮を真っ黒に焦がすほど焼くから、

やはり陽性化される。

醤油、おろししょうがで食べると、さらに陽性になる。

へた付きのまま軽くたたき、全体を柔らかくしてからじ

っくり焼き上げるのがコツである。

 

 

    

 

 

<認知症予防に役立つ食材>

★青魚

サンマ、イワシ、サバなどの青身の魚に含まれる

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキ

サエン酸)といった多価不飽和脂肪酸は、脳細胞

を活性化させる作用や認知症の原因となるアミロ

イドβというタンパク質の蓄積を防ぐ作用があり

ます。

 

★しいたけ

しいたけに多く含まれるエリタデニンという成分

は、血中の悪玉コレステロールを低下させる働き

があり、動脈硬化から血管を守り、認知症を防ぐ

作用があります。また、グルタミン酸は、脳内で

記憶や学習にかかわる神経伝達物質として働き、

脳の老化を抑える作用があります。

 

 

###############

森下敬一 『食べもの健康法』

●しそ

 冷奴や、そうめんに添えられた青じそは、見るからに涼しげで、香気は日本食のよさをしみじみと味わわせてくれる。

しその種類は多いけれど、大別すると青紫蘇に代表される緑色種と、赤紫蘇に代表される紫色種がある。普通、料理に用いられるのは青じそだ。青じそ独特の香りを生み出している成分はペルリアルデヒドという物質。これは非常に強い防腐力を持っている。

元禄時代の農業書に「生魚に加えれば魚毒を殺す」と描かれているが、生魚に限らず魚類の中毒全般の防止効果がある。

一般的に、魚類は日本人の消化管ではスムーズに処理されるけれど、体質や体調、魚の鮮度や食べ方によって、有毒性の現れることもある。だから、現代においては、魚類を食べる時は、せいぜ

いしそを活用することが望ましい。

 

もし?中毒らしいな??と思われるときは、しその葉をす

りつぶしてガーゼでしぼりとった汁を、盃一杯くらい飲

むとよい。しそは民間療法では、昔から鎮静薬、発汗薬、

咳止め薬として用いられてきた。

 

しその防腐性によって腸内の腐敗が防止されれば、血液

が浄化されて、それらの薬効も生まれるわけである。

 

その整腸効果に合わせて葉緑素、ビタミンA、鉄を豊富

に含むしそは、素晴らしい美容食でもある。

貧血を防止し、皮膚の新陳代謝を正常化するため、しそ

を常食していると、吹き出物やシミが治り、うるおいの

あるきれいな肌になる。

また頭皮に対しても同様に効果的で、抜け毛やフケ症を

防止する。

 

ちょっと変わった利用法は、ふりかけにすること。

青じそを強い日光に半日ほど当てたあと、陰干しにして

カラカラに乾燥させたものを、細かくもみ砕く。

これをご飯にかけたり、みそ汁に振り入れたりして食べ

る。これを常食していると、健脳効果が得られるといわ

れている。

 

自家栽培できれば、何時も新鮮なしそが利用できて理想

的だ。しそは一度植えると、あとは毎年こぼれ落ちた実

が発芽するから手間もかからない。初秋に花穂が出て実

を結ぶ。

この実が熟しきってしまわないうちに摘みとり、塩漬け

にして蓄えておくと、そのまま箸休めにもなるし、大根

や白菜の一夜漬けの香りづけにも使えて重宝だ。

 

しその実は七味とうがらしの一員で、その薬効は太鼓判

が押されている。

精油成分やビタミンEなども含まれているから血液循環

をよくする効果がある。

手足に冷えやすい人、シモヤケになりやすい人に有効だ。

 

赤じそは、梅干しの色付けには欠かせない。

赤じそに含まれるアントシアンという色素が、梅の酸に

合うと、鮮やかな赤紅色を表す。

すべてのしそには共通して防腐・整腸作用が備わっている。

梅干しは、しそで色付けしたものはそれだけ薬効がすぐ

れているのだ。

 

    (了)

 

自然医学メールマガジンより

━■森下敬一先生 健康談話■━

 

あらゆる病気は、血液の汚れが原因です。

 

現代の日本人の体内は、「化学農薬、化学肥料、化学飼料、化学調味料、精製された

白砂糖、化学添加物、化学医薬の処方過多、化学精製薬品であるサプリメント、化学

物質による公害、火食のしすぎ、加工食のしすぎ、などなど???」によって、非常に

「血液が汚されている状態」です。

 

体はこの「血液が汚れたまま」ですと「敗血症」となってしまい、これが酷くなると

「敗血病」で死んでしまう訳です。だから体はそれから「身を守るため」に、体内の

「血液を浄化するための浄化装置」である「癌」を体内の適所に作るわけです。

 

現代医学の「標準的な癌医療」で、いくら癌を手術によって切除してもどれ程抗がん

剤や放射線などの化学療法によって癌を消滅させたとしても、体内の血液はまったく

浄化などされることもなく、血液は汚れたままですから、体は「また再び、必要とし

て血液の浄化装置としての癌を体内に作ることになる」わけなのです。

 

西洋医学では、癌を悪魔の細胞と悪者扱いしていますが、果たしてそうでしょうか。

私たちは、喉に物を引っ掛けると、咳をして喀出(かくしゅつ)しようとしますし、

腐敗物や有害物を食べると、嘔吐や下痢をして体外へ排泄します。

また、風邪をひいたり体が冷えたりすると、発熱して体を温めようとします。

 

つまり、私たちの体は常に良くなろうとする自然治癒力を備えているのです。

その観点からすると、癌だけが悪者であると考えるのはおかしいと思います。

癌も身の内であり、体のために何かをしてくれていると考えるのが自然でしょう。

 

血液の汚れを放置しておくと血液は腐敗していきます。これが敗血症です。

敗血病とは、血液中に病原菌が入り猛繁殖し、その毒素により中毒症状を引き起こし、

短期間で体内に毒素が拡がって死んでしまうという恐ろしい病気です。全身の血液の

汚れを引き受ける浄化装置として、宿主である人間を敗血症の危機から救うために

自らを犠牲にして現れたのが癌なのです。

 

血液生理学を専攻されて、その研究に没頭され、種々の動物実験の結果から、

「癌は血液の汚れを浄化している装置である」と結論された森下敬一先生のご高説は、

東洋医学的見地からは、完全に正しいと言わざるを得ません。

 

東洋医学では、癌は第二の肝臓という見方さえあります。肝臓が毒を集めて解毒して

くれるから生きていけるように、癌細胞も毒を一ヶ所に集めてくれていると考える事

もできます。

 

西洋医学でも、昔から癌細胞は沢山の毒素を排出している事を指摘していますが、

これこそ血液の汚れを癌という浄化装置に集結している現象だと考えてよいでしょう。

 

血液の老廃物の掃除屋である白血球と癌細胞には共通点があります。

 

 ?体内・血液内を自由に動き回れる細胞は白血球と癌細胞だけである。

 ?白血球も癌細胞も活性酸素を多量に放出し、

   老廃物や弱った細胞を焼却して貪食する。

 

この点からしても、癌は血液の浄化装置だとする説が正しい事が分かります。

癌を手術、放射線、化学療法で消滅させようとしても根本療法とは言い難く、血液を

浄化する事こそ、癌にお引き取り願う最善の手段という事になります。

 

本来、人間は穀物菜食動物ですが、後に少しばかり肉食をするようになりました。

日本人が肉食過多になったのは戦後になってからです。肉食が日本人の生理に馴染ま

ないのも当然です。

 

癌を発生させる食品群の中でも最も避けるべき三大食品は、動物性蛋白質の肉、卵、

牛乳です。肉、卵、牛乳は腸の中に腐敗菌などの有害な細菌を繁殖させてしまいます。

 

有害な細菌が繁殖すれば、様々な毒素が発生し、毒素が血液の中に取り込まれ、体中

を駆け巡り、病気を引き起こす事になります。

 

人間は穀物と野菜を食べるようにできています。そのため、腸は肉、卵、牛乳などの

動物性蛋白質をスムーズに処理するようにはできていません。

動物性食品には、繊維質がないため、特に腸の中に停滞しやすく腐りやすいので、

強烈な毒素を生み出してしまいます。近年、大腸癌が増えているのは、肉食化した

日本人の当然の結果と言えます。

 

あらゆる病気は、血液の汚れが原因です。不健康な人の血液には不純物が多くあり、

赤血球の状態も白血球の状態も思わしくありません。病気の治療のためには、何より

もまず血液を綺麗にする事です。血液を綺麗にするためには、その元である腸を綺麗

にしなければなりません。

 

すべての慢性病、生活習慣病の原因は、腸内から吸収される毒素にあるのです。

まず、一番重要なのは、腸に食肉の腐敗産物を溜めない事。

そして、もう一つは、植物性食品を腸に送り届ける事です。

 

森下自然医学療法では、穀物を主食とする事を提唱しています。

穀物とは植物の種であり、蒔けば何倍、何十倍にも生長します。未精製の穀物には

食物繊維も多く、あらゆる栄養素が一粒に凝縮されています。そのまま次の世代を

生み出せるほどの栄養素を内に秘めているのです。ですから、未精製の穀物は自然

の生命力に満ちた食べ物と言えるでしょう。

 

森下自然医学療法では、玄米を中心として大麦、丸麦、鳩麦、粟、稗、小豆、黒豆、

蕎麦など全部で九種類の穀物や豆類を合わせて炊き込んだものを主食としています。

また、副食として野菜、海藻、豆類、きのこ類、魚介類を加えます。

 

森下自然医学療法では、腸内で腐敗を起こす肉、卵、牛乳や発癌物質である白米、

白小麦、白砂糖を体内に入れない事からスタートし、腸内に有用な細菌の繁殖を

促進する為に発酵食品を摂り、血液中に溜まった毒素を排出するために野菜を摂り、

自然治癒力を高めるために玄米や雑穀を摂ります。癌以外の慢性病も全く同じ食事

療法で治す事ができます。

 

癌になるのは極端に血液が汚れるためですが、血液の汚れは胃腸障害が口火となっ

て起こります。胃腸の調子を整えるには、食物を徹底的に咀嚼する事です。

よく噛んで食べれば、顎の運動に伴って、脳の中枢に信号が送られ、満腹感が早く

得られるようになります。その結果、食べる量が少なくて済みます。少食になれば、

胃腸の負担も減ります。

正しい食事によって、常時、血液を綺麗にしておけば、血液に『カビ』『細菌』

『ウィルス』が繁殖するのを防げます。

正しい食事によって免疫も高められていますから尚のことです。

ぜひ、正しい食事をして、自分の『血液』と『免疫』の質を高めていきましょう!

 

 引用:食べない生き方

 http://inedia.jp/morishita.html

 

森下敬一先生は、お茶の水クリニック院長です。血液研究の第一人者で、日本の自然

医学療法の泰斗(たいと)※a1です。

 

 a1 泰斗(たいと)とは

   (泰山や北斗のように)世間から重んぜられる権威者。その道の大家。

   「泰山」とは中国五岳の一つで、山東省中部にある名山。

   「北斗」とは北斗星(北斗七星)のこと。

 

千島喜久男先生の影響を受け、血液生理学の研究に基づき赤血球は腸の壁で作られる

という腸造血説を唱え、癌は血液の汚れの浄化装置であると考え、動物性蛋白質をな

るべく避け、穀物や野菜を多く摂るなど独自の森下自然医学療法を実践されています。

 

1970年、お茶の水クリニックを開業。

1975年頃より、コーカサス、中国パーマ、新疆ウイグル、フンザ、南米ビルカバンバ

など世界の長寿郷を数十回にわたり現地調査されています。

 

森下敬一先生は長年臨床医師として4万人もの癌患者に接してこられました。

お茶の水クリニックには現代医学に見放され、余命数ヶ月と宣告された癌患者が大勢

来院されます。そのような患者に対して、森下敬一先生は玄米中心の自然医食を指導

してこられました。その結果、8割以上の方が癌を克服して元気に生活しておられます。

 

━■森下敬一院長 お茶の水クリニックの受診方法■━

 

お茶の水クリニックでは、内臓機能検査・血液検査・血液生態検査・森下氣能内相検

査・MSD測定等を行い、正しい体質の判定をもとに森下敬一博士の浄血健康理論に

基づいた体質に合った玄米・雑穀ご飯を主食とした食事療法を指導いたします。

 

間違った指導者に頼ったり、自己流の玄米・菜食によってかえって健康を損うことも

あります。

 

特に現在、症状の出ている方は、体質に合わない間違った方法をとると、病氣を増幅

させる恐れもあります。病氣の改善・健康維持のためにもお茶の水クリニックの診察

を受けて、正しい食養・自然医学療法を実行されますようお薦めします。

 

お茶の水クリニックを受診するには『国際自然医学会の会員になる必要』があります。

 

「国際自然医学会」の資料(月刊誌「森下自然医学」のBACKナンバー、入会案内)を

無料で送付いたします。

 

<お茶の水クリニック資料請求>

http://urx3.nu/zSkA

 

 

 

 

リバウンドしない
食生活のポイント

リバウンドを予防するには正しい食生活が出来るかどうかにあります。

足痩せ効果のある
エクササイズ

カサハラ式ウォーキングやエクササイズの紹介を致します。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご予約は、お電話で受け付けております。

0120-3850-36
営業時間
9:00~12:00
15:00~21:00

★土曜は、9:00~15:00まで
定休日:日曜・祭日

※最終受付時間;基本的には、平日19時~20時、土曜14時
メニューの施術時間によって異なります)